今帰仁城跡(なきじんぐすく、なきじんじょう)は、沖縄県国頭郡今帰仁村にある城跡です。琉球王朝以前にあった北山国王の居城で、13~14世紀ごろの遺跡です。別名北山城(ほくざんぐすく、ほくざんじょう)とも呼ばれています。標高は100mで、堅牢な城壁に囲まれた城は、やんばるの地を守る要衝でした。今帰仁城跡は石垣などの遺構の整備も進み、1972年には国の史跡に指定されています。また「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成資産として、2000年12月、首里城跡等とともに世界遺産に登録されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

沖縄の人気アクティビティランキング

オプショナルツアーの検索、詳細の閲覧、予約などは、ベルトラ株式会社が運営・提供する「VELTRA」のサイトで行って
いただきます。 上記商品に関するお問い合わせにつきましてはこちらをクリック