初めてのマレーシアならコレ!マレーシアの人気定番観光&アクティビティ

  マレーシア観光・アクティビティの満足度5つ星 新着体験談

by: ニックさん 楽しい時間過ごせました。 2人で参加させていただきました。 ガイドの方と現地で会いましたが、参加していた日本人全員の名前を覚えていることにびっく・・・続きを読む
【ランカウイ発】エコガイドと行く!マングローブカヤック&洞窟探検ツアー<午後/夕食付>
(47)
by: ma-47さん I Love KL 昼食の飲茶は残す事無く食べてしまい、とても満足しました。ペトロナスツインタワーは写真スポットへの案内ですが、ツーリストな・・・続きを読む
丸ごと満喫!クアラルンプール市内観光とバトゥー洞窟観光ツアー <昼食付/日本語ガイド>
(170)
by: ゆきのさん 大自然を間近で感じることができました。 海には沢山の魚がいましたが、それだけではなく、海オオトカゲや、ホーンビル、猿にも会うことができました。昼食のビュッフェも・・・続きを読む
【コタキナバル発】サピ島シュノーケリングツアー<BBQビュッフェ昼食付/日本語ガイド>
(135)
by: おうこりんさん 感動しました! ガイドさんのお話しによればGWのため普段よりたくさんの参加者があつまったとのこと。その為、ピックアップに何ヶ所ものホテル・・・続きを読む
熱帯のクリスマス!クアラセランゴール川蛍観賞ツアー <夕食付/日本語ガイド>
(169)

マレーシアの観光エリア基本情報

コタキナバル

マレーシアの「ボルネオ島」北部に位置する自然に囲まれたビーチリゾートコタキナバルは、マリンアクティビティを楽しめる美しい海やラフレシアなどの珍しい植物や動物達に出会える「キナバル自然公園」で思い切り自然を満喫できます。またマレーシア最高峰に挑む「キナバル山」登山ツアーや熱帯のジャングルをゆっくり観察できる「キャノピー・ウォーク」で別世界を楽しめます。

クアラルンプール

マレーシアの首都クアラルンプールは近代的な高層建築ペトロナス・ツイン・タワーを中心に高層ビルが立ち並ぶ大都会に、イギリス植民地時代からの歴史的な建物が点在する新旧の趣を感じさせる魅力的な街です。旅行ではショッピングを楽しみながら、美しい芸術が望める人気の「イスラム美術館」や「スリ・マハ・ マリアマン寺院」、ヒンドゥー教聖地の巨大洞窟「バツー洞窟」などの観光地に足をのばすこともできます。

ペナン

マレー半島の西に位置するペナン島では、遊び心を感じるストリートアートや多様な歴史的建築物で雰囲気のある街並みが人気の「ジョージタウン」での散策やサイクリング、珍しい植物や生き物を観賞できる「トロピカル スパイスガーデン」や「ペナンバタフライファーム」、マリンアクティビティを楽しめる「バトゥ・フェリンギビーチ」などさまざまな観光スポットで自然や歴史、芸術を楽しむことができます。

ランカウイ

世界ジオパークにも登録されている雄大な大自然が魅力のランカウイ島は、マレーシアの北西部に浮かんでいます。オプションのツアーでジオフォレストパーク内の深いマングローブの森をクルーズしたり、カヤック体験でマングローブや洞窟を巡ったりと一日中探検を楽しめます。巨大水族館アンダーウォーター・ワールドやにぎやかなナイトマーケットなど見どころ満載なエリアです。

マレーシアのお役立ち情報

マレーシアの気候について

赤道に近いマレーシアでは年間を通じて夏の気候です。年間の平均気温は30度前後と暑く、湿度も高いという特徴があります。マレー半島の東側と西側で気候が異なり、東側は11月から3月頃、西側は5月~9月が雨期ですが雨季の天気は乾季よりも気温が少し低くなる程度で、極端に雨が多くなるということはありません。1年中いつでも真夏の服装で過ごせます。

マレーシアの旅行費用について

マレーシア旅行の費用を抑えるなら、LCC(格安航空会社)の利用がおすすめです。マレーシアの首都・クアラルンプールと成田を結ぶ往復航空券は、安い時期で2万6000円を切ります。またマレーシアは物価が安いことで知られています。免税店で思いきりショッピングを楽しめるのもマレーシアの魅力です。

マレーシアのネット環境について

マレーシアの空港ではフリーWi-Fiを利用する事ができます。マレーシア主要都市ではホテルやレストラン、カフェをはじめとし無料Wi-Fiスポットが多くありますので、ネットにアクセスしやすい環境と言えます。一方、無料であるがゆえに回線が混雑することもあるので旅行中に快適なネット環境が必要な場合はルーターを準備して行くことをおすすめします。

オプショナルツアーの検索、詳細の閲覧、予約などは、ベルトラ株式会社が運営・提供する「VELTRA」のサイトで行って
いただきます。 上記商品に関するお問い合わせにつきましてはこちらをクリック